ETCパーソナルカードにはクレジット機能は付帯無し

 ETCカードを所持する方法としては3通りあります。1つは信販会社が発行するクレジットカードの付帯機能として1枚のカードにクレジットカード、ETCカード機能の両方を持たせるものです。もう1つはクレジットカードとETCカードの機能を分割させるもので、これは信販会社に単体型として申し込みを行うことで可能であり、所持するカードは2枚になります。

単体型が希望される理由としてはセキュリティ上の問題と関係しており、車載器から抜き忘れた場合に起こる車上荒らしの可能性を考えると単体型の方が被害にあった場合に被害総額が少なくなるという点があります。さて、それ以外にクレジットカードは所持したくない、あるいは何らかの事情によりクレジットカードが作れないといった場合にETCカードを所持する方法としてETCパーソナルカードを発行するという方法が挙げられます。高速道路会社6社が共同で発行しているETCパーソナルカードにはクレジット機能はついていません。

あらかじめ保証金(デポジット)を預け、これを担保とすることで指定口座から以降高速道利用料金が引き落とされるというシステムになっています。あくまでデポジットなのでこのお金が利用料に使用されることはありませんし、解約した段階で返してもらうことが出来ます。新規クレジットカードを作る場合に必要な条件である審査を受けることなく作成することが出来ますので、上記理由でクレジットカードを持たない、あるいは持てない人には便利なカードです。但し年会費もかかるという点も含め多少費用面では初期投資がかかる、という特徴も持っています。ETC専門カードはこちら

j090