市役所に日本語のわからない人が訪れた場合に公務員のとるべき行動とは?

一般市民と最も近いところにいる公務員といえば、市役所に勤めている職員でしょう。市役所といっても、その中にはたくさんの部署があり、一般市民の立ち入ることのない部署もありますが、窓口を持つ部署であれば、日々一般市民とのやりとりが行われます。

国民健康保険や市民税、介護保険、転居に伴う様々な手続き、それらは市役所の窓口で行います。さて窓口には様々な人がやってきます。老若男女はもとより、外国の人もやってきます。窓口に日本語のわからない人が来た場合、とるべき行動はどのようなものでしょう。世界の共通語である英語で応対できるのでしょうか。窓口業務に責任を持つその部署の上司は、英語が話せる人材でしょうか。

必ずしもそうとは限りません。そのような場合でも、英語でやりとりのできる職員が誰であるのか把握し、窓口で対応できるよう配置していれば、その職員に応援を要請できるでしょう。そのような行動がすぐにとれる体制を整えている役所であれば、きっとどの市民に対しても優しい役所です。

 

残業をなくすには組織を変えることが大事です

残業を廃止しようという話が政府から出ていますが、これを浸透させるには個人や組織の改革が必要です。残業を減らせば自由な時間が増えますし、副業が禁じられていない会社ならば副業をして収入アップにつなげることが出来ます。残業を減らせばいいと分かっていますが、なかなか出来ないのが現状でしょう。

もし残業を減らした方が良いと思うのならば、まず上司に相談します。もしかしたら効率的に進むためのアイディアを得られるかもしれません。そして、上司を味方にしたら次は同僚など他の社員に浸透させます。伝えた社員が他の社員に伝えていくことで、組織そのものが変わってきます。ある意味、ツイッターのリツイートのようなもので、良い意見やアイディアを別の人に伝えることで、さらに拡散していきます。そうなると改革は早いです。

そして、多くの社員のアイディアをまとめて残業が出ないようにするための会議を行えば良いです。こうすれば、残業をなくすための組織作りが出来ます。

 

看護のお仕事を活用

看護のお仕事の登録の流れ

事前にこちらを⇒ 看護のお仕事登録前のチェックポイント

私は、看護師ではないのですが看護師が、就職や、転職する時は、どうしているのかとふと思いました。

というのも、私も、主婦から、働くママになりたいと思って求人誌を家に持ち帰り、広げてみたのですが看護師の求人がないのです。気になって、ネットで調べてみると驚きました。
求人誌に載っていないのにネット検索してみると、とてもたくさん求人や転職情報が掲載されているのです。求人誌に載っていない、特別な資格を要する仕事はネット検索の方が多い事に気付きました。

看護師の為の看護のお仕事というサイトへ辿り着いたのですがそのサイトは、要するに看護師の為の就職先のサイトです。私たちが派遣社員として登録する様な感覚なのですが看護のお仕事は契約期間がないと考えてもらったら分かりやすい……かな。逆に分かりづらくなってたら、ごめんなさい。

看護のお仕事に登録するには

・状況や希望条件の相談
・求人の紹介
・面接の設定
・面接
・就業先決定

このような流れになっています。今、働いている職場を辞めず二つの職場で働きたい人でも利用可能です。しかも、時間があまり取れない方でも状況や希望条件の相談はメールや電話でもできます。面接の設定や、面接もコンサルタントと事前に話し合って、日取りを決める事も可能です。

看護師は、少なくなってきていると言われています。なので、看護師として、働こうかと迷っている方は自分の遣り甲斐となる条件の相談と照らし合わせ相談してみるだけでも、いいかもしれません。そこから広がる世界は看護のお仕事を利用してみないと
見えてこないので、一歩踏み出す勇気です。看護師の、就職、転職、応援しています。

 

バイトからで取得できる資格

世の中にはたくさんの資格がありますが、料理人として働く際に取得しておきたいのが調理師免許です。調理師免許は調理師試験を受験し合格するか、もしくは調理師学校を卒業することでもらえる資格です。調理師試験を受けるためには、レストランなどの飲食店で2年以上の実務経験を積む必要があります。

これはたとえバイトであっても可能で、アルバイトの場合、週4日以上勤務し1日6時間以上業務を2年以上、もしくは週5日勤務し1日5時間以上の業務を2年以上行っていれば受験資格として認められます。調理師試験の合格率は県によって違いますがおおむね60%ぐらいで、しっかり勉強していれば合格するぐらいのレベルといえます。

飲食店は都会の繁華街はもちろんリゾート開発で建設された地方の旅館やホテルなどの観光地まで、全国どこにでもあります。飲食店で調理する場合かならずしも調理師免許が必要というわけではありませんが、持っておくと料理業界に就職する際に断然有利です。仕事探しで少しでも料理に興味のある方は取得を目指すのもいいかもしれません。

 

履歴書の誤字で不採用率が高まる

何か書類でPRするとなると、とかく担当者に対する内容を重視しがちです。説得力のある内容を心がけるべきだと、考える応募者も目立ちます。ですが、それ以前に重要な点が1つあるのです。自己PR以前に、誤字には気をつけるべきでしょう。非常識だと判断されてしまえば、それだけで不採用率が著しく高まります。

例えば、現在自分は主婦という属性だとします。もちろんそれを履歴書に、具体的に記載する事もあるでしょう。それで正しい字ですが、もちろん主「婦」です。主夫ではありません。それでしばしば人々は、後者のように書いてしまっています。その誤字1つだけで、不採用になる確率が著しく高まる訳です。

何も誤字だけではありません。長々と書いていて、何が言いたいか不明瞭な文章では、やはり担当者に対する印象が悪くなってしまいます。少なくとも主張の明確さだけは、心がけるべきでしょう。もちろん自己PRの内容も重要ですが、それ以前に上記のような常識的な内容は、意外と見落としがちです。常識は覚えておくべきでしょう。

 

看護師求人のランキング新常識について

看護師求人は病院などでの勤務がメインとなり今までは個人の病院先や総合病院などの職場先がメインとなっています。
ですが看護師求人もランキングの中に新常識とも言える全く新しい職場環境の中で勤務を行うことが出来るようになっています。

一般企業からの看護師求人が募集として掛かって来ているのです。どんなぢごとをするのかというと、看護師としての役割は職場内で働いている職員の健康管理や体調の管理をすることになります。
又病気の予防に対する意識を高めていくことも看護師に求められてきているのです。

この新常識とも言える看護師の求人先がわかりやすくランキングの形式で人気の高い看護師の求人先が順位ごとに掲載されています。
気になる求人サイトには実際に登録をして働くまでの経緯などを体験した人の口コミ等を参考にしてランキングサイトの中で仕事を見つけたい求人サイトを見つけることが出来るようになります。

実際に働く環境の希望の収入や休日等を含めて希望に沿った新しい職場環境での仕事を見つけることが出来ます。企業での仕事と言うのは看護師にとっては余り縁がなかった環境で看護師の知識や技術を活かして又新しい気持ちで働く事が出来るので人気の職場環境になっています。